【HSS型HSPに向かない仕事は何?】向いてる仕事と探し方

HSS型HSPに向いている・向かない仕事
悩めるHSS型HSPさん

自分に向いている仕事ってなんだろう?
適職があったら知りたい!

HSS型HSPさんのこんな悩みに答えます。

この記事では、

  • HSS型HSPに向いていない仕事
  • HSS型HSPに向いている仕事
  • HSS型HSPの仕事探しのコツ

について解説しています。

結論、HSS型HSPさんは将来的にフリーランスでも働けるようなスキルを身につけるのがおすすめ。

HSS型HSPの特性的に、組織に属さない働き方が合っていますし、能力的にも可能だからです。

「どんな仕事が向いてるか分からない」
「今回こそは職場選びに失敗したくない」
「今の働き方は自分に合っていない気がする」

こんな悩みをお持ちのHSS型HSPさんはぜひ最後まで読んでいってください。

転職や副業など、この機会に自身のキャリアプランをしっかり考えてみましょう!

HSS型HSPの特徴
  • 新しい経験やスリルを求める
  • 飽きっぽく、物事を続けることは苦手
  • 好奇心旺盛で行動力がある
  • 刺激に敏感で疲れやすい
  • 行動は大胆だが、些細なミスを気にする

※HSS型HSPについてさらに詳しく知りたい方は、【保存版】HSS型HSPとは?特徴・悩み・対処法まで解説の記事で解説しています。ぜひご覧ください。

目次

HSS型HSPはなぜ仕事が続かない?

「この仕事は自分に合っている!」と思って就職しても、2、3年後には辞めたくなっている。
転職しても毎回これの繰り返し。

こんな風に「仕事が続かない」ことに悩むHSS型HSPさんは多いのではないでしょうか?


ではなぜ仕事が続きにくいのか。

それには3つの原因が考えられます。

HSS型HSPの仕事が続きにくい原因

  1. HSS型HSPは飽き性
  2. HSS型HSPは人間関係に悩みやすい
  3. 仕事や働き方が合っていない

①②は性格面の問題です。

仕事の特徴自分の性格ををよく理解して、適性があるか判断しましょう。

また、工夫次第である程度上手に付き合っていくことも可能です。
↓こちらの記事が参考になります。

【参考記事】

③は、能力面の問題。

これは自身の性格や強みを十分に理解できていないことが原因と言えるでしょう。
苦手なフィールドで戦い続けるのは誰でもしんどいです。

「HSS型HSPの強み」に関しては↓こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

以上がHSS型HSPさんの仕事が続かない主な原因。

仕事選びの際にはこの3つを頭に入れておくとうまくいきやすいです。


それをふまえて、具体的にどんな仕事が向いているか・向いていないかを見ていきましょう。

HSS型HSPに向かない仕事

まず、向いていない仕事から見ていきましょう。

HSS型HSPに向かない仕事には、3つの特徴があります。

HSS型HSPに向かない仕事の特徴
  1. 単調な作業の繰り返し
  2. 厳しいノルマや競争がある
  3. 一人の時間を確保しにくい

この特徴から、以下のような仕事にはあまり向いていません。

向かない仕事①事務職

入力作業や伝票処理など、ルーティン作業の多い事務職。
作業をひと通り覚えてしまうと、日々の作業をこなすだけになりがちで、退屈を感じやすいでしょう。

変化や刺激を求めるHSS型HSPさんにとっては飽きやすい仕事と言えます。

向かない仕事②営業職

営業職は、人との出会いや外出が多いので刺激もあり、聞き上手で共感力のあるHSS型HSPさんには一見向いていそうですよね。

しかし、厳しいノルマや売上争いなどを強いられやすい仕事でもあります。

競争や比較評価されることが苦手なHSS型HSPさんは、ストレスを抱えやすいでしょう。

その他にも、

  • 相手の顔色をうかがい過ぎて疲れてしまう
  • 価値を感じない商品を勧めることもあり、それに罪悪感を抱いてしまう

など、HSS型HSPの共感力や優しさが裏目に出てしまうことが多々あるのであまりおすすめしません。

向かない仕事③接客業(飲食・販売など)

人との関わりが多い接客業。
HSS型HSPさんは傾聴力があり、初対面の人とのコミュニケーションは得意なため、接客面において問題ありません。

しかし、基本お客さんのペースで仕事が進み、一人の時間を確保しにくい仕事のため、精神的に疲れやすいでしょう。

その上、ダイレクトにクレームを受ける機会も多く、聞き流すことが苦手なHSS型HSPにとっては過酷な職場と言えます。

HSS型HSPに向いてる仕事

つぎに、HSS型HSPさんに向いている仕事です。

向いてる仕事の特徴は3つあります。

HSS型HSPに向いている仕事の特徴
  1. 変化や刺激のある仕事
  2. 自分のペースで働ける仕事
  3. 一人時間を確保しやすい仕事

この特徴から、以下のような仕事が向いています。

向いてる仕事①WEBデザイナー

Webデザイナーとは、その名の通りWebサイトをデザインする仕事
ページのレイアウトや配色、フォント選びなど経て、機能的で魅力的なサイトに仕上げます。

一般的に「デザイン」だけが仕事ではなく、「コーディング」と呼ばれる簡単なプログラミング作業も含まれることが多いです。

デザインには「正解」がないため、さまざまなアプローチで取り組むことができ、退屈することはないでしょう。
また、HSS型HSPの特性である、創造力の豊かさ細部までこだわれる能力を存分に発揮できる仕事でもあります。

基本的に個人作業のため自分のペースで仕事を進めやすく、必要な機材やソフトさえあればリモートフリーランスでも可能な仕事です。

向いてる仕事②WEBライター、ブロガー

Webライターとブロガー、ともにWeb上にある文章を書く仕事です。

記事を書くには、大量のインプットや情報のアップデートが必要。
物事を深く考えることが好きで、情報収集の得意なHSS型HSPに向いています。

ブロガーは、自身で開設したブログに記事を投稿し、そこに載せたアフィリエイトや広告から収益を得る方法が一般的です。
Webライターの場合は、ココナラなどのクラウドソーシングを利用すれば、初心者でも仕事を受注することができます。

パソコンさえあれば、特別なスキルなしで始められる手軽さが魅力で、在宅ワーク副業としても人気ですね。

向いてる仕事③プログラマー

プログラマーとは、コンピューターを動かすための「プログラミング言語」を使って、システムやアプリの開発を行う仕事です。

常に新しい知識を学習し続ける必要があるので好奇心旺盛で学習意欲の高いHSS型HSPにはぴったり。
また、システムのミスやエラーに気づける能力も重要です。その点も注意力の高さ深い思考力といった強みを発揮でき、かなり適性は高いと言えるでしょう。

プログラマーもパソコン1台あれば場所を選ばず作業できるので、在宅ワークフリーランスなど、自由度の高い働き方が可能です。

▼具体的な目指し方はこちらの記事で解説しています。

HSS型HSPが仕事を探すコツ

向いてる仕事は分かったけど、何を基準に仕事探しをしたらいいか分からない。

そんな人に向けて、仕事探しのコツを3つお教えします。

  1. 自分の得意分野を知る
  2. 働く環境を重視する
  3. 働き方を見直す

1つずつ解説していきますね。

コツ①自分の得意分野を知る

自分自身が好きなこと・得意なことを一度洗い出してみましょう!

  • 絵やデザインが好き
  • 文章を書くことが得意
  • 最新技術に関心がある

一人ひとり、何か「これはちょっと得意」というものがあると思います。
「得意」までいかなくても、「好き、興味がある」というものでも十分です。

HSS型HSPさんの場合、興味があることへの学習意欲や集中力が人一倍あるため、まったくの未経験ジャンルでも、興味さえあればスキルを伸ばして「得意」に変えるポテンシャルを持っています。


「性格」と「能力(興味)」が合致する仕事、それはあなたに合っている仕事です。

コツ②働く環境を重視する

刺激に敏感なHSS型HSPさんにとって、働く環境はとても重要です。
仕事のパフォーマンスや精神面に大きな影響を与えます。

青いラッコ

周囲の影響を受けにくい、一人時間を確保できる仕事や職場がおすすめ。

そんなHSS型HSPさんは、フリーランスとして働けば、作業場所を自分で選べ、一人時間も確保しやすいので、集中して仕事に取り組めますよ。

会社に勤めるのであれば、在宅ワーク可能な職場がおすすめです。
それが難しい場合は、作業スペースの広さや間隔、休憩の取り方・過ごし方などを確認し、ストレス要因の少ない環境を選ぶようにしましょう。

コツ③働き方を見直す

・会社に就職する
・1つの会社で働き続ける

こういった働き方の固定概念を取り払いましょう。

働き方を変えるのも1つの手です。

たとえば、

・フリーランスになる
・本業とは別に仕事をする(兼業・副業)

など現在はいろいろなワークスタイルがあります。

↑こちらの記事でも解説しましたが、
HSS型HSPさんにはマルチ・ポテンシャライトな働き方がとても合っています。
「兼業や副業」をしたり、「転職を繰り返す」というのも1つの働き方です。


人それぞれの価値観によって向いている働き方は異なるので、自分が目指す働き方をイメージし、それに沿ったキャリアプランを立ててみましょう。

そうすることで、「どんなスキルが必要か」「これから何をするべきか」が自然と見えてきますよ。

まとめ|未来に向けてスキルを身につけよう!

色々な仕事や働き方がありますが、HSS型HSPさんに1番おすすめは、将来的にフリーランスとしても働けるような仕事です。

今回ご紹介した

  • WEBデザイナー
  • WEBライター、ブロガー
  • プログラマー

は、まさにそれに当てはまります。

これらのスキルを身につけておけば、HSS型HSPさんに向いている自由な働き方がしやすいです。

とくに、WEBデザイナーやプログラマーは求人需要も高いため、未経験からでも仕事が見つかります。


とはいえ、「今から目指すのは難しそう」と思ってしまいますよね。

青いラッコ

WEBデザイナーやプログラマーを目指すなら、学校でプロに教えてもらうのが、最も効率的です。

お金はかかりますが、フリーランスとして働けるレベルのスキルを未経験からでも最短でゲットできます。
オンライン型のスクールなら、仕事や家事・育児に忙しい方でも、ライフスタイルに合わせて無理なく続けやすいですよ。


まずは勉強しながら、副業として始めてみるのがおすすめ。
インプットだけでなく、アウトプットも行うことで学習速度がより上がります。

TechAcademy (テックアカデミー)はじめての副業コースのような、受講後にお仕事紹介をしてくれるサポートが付いているとより安心ですね。

  • 思い切って働き方を変えてみよう
  • 将来のために使えるスキルを身につけたい

そんな気持ちが少しでもある方は、テックアカデミー無料メンター相談で、自分に合った学習方法やコース選びを相談してみてください。副業以外にも、転職やフリーランスなど、一人ひとりの目標に合わせたコースが用意されています。
プログラミングに興味のある方は、無料のプログラミング体験で、プログラミングがどんなものか知るところから始めてみるのもいいですね。


▼詳しくはこちらからチェック

\無料プログラミング体験も実施中!/

このブログでは、他にもHSS型HSPさん向けの記事をご用意しています。
悩みを抱える方のヒントになればと思い書いた記事ばかりですので参考にしてもらえると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次